31昔ながらの代理店を目指して

時代背景により、現在損害保険会社による代理店制度では、代理店の集約(合併)とAI推進が加速化しています。昔ながらの小さな代理店が1件1件の相談に丁寧に時間をかけることが制度として古くなってきました。統計学的に、「良いとされるものは、例外を除いて、ほとんどの人に当てはまる。」ことが分かり、オーダーメイドできる商品を販売することは、「非効率」と判明しています。私自身小さな代理店として実感しております。

だからこそ、特別なお客様のためには、小さな代理店であり続けることが大切と考える当社は、新しいシステムは責任を持っていち早く取り入れ、オーダーメイドな保険提案を出来る範囲で続けていきます。

ここでいう続けたい「オーダーメイドな保険」とは、プロや素人がいろんな保険会社から商品をセレクトする事ではなく、「プロが個々の相談者の特徴を時間をかけて判断し、それに合わせて提案すること」です。

保険代理店なら「非効率の中でしか学べない保険制度の大切さ」をかみしめ続けたいものです。

お問合せはこちらから

ご遠慮なくどうぞ!!
※保険のご相談はお電話のみで受け付けております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です